So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年6月26日、万博記念公園、その3.自然文化園・日本庭園 [趣味(写真・グルメ・読書・音楽など)]

2016年6月26日、万博記念公園・EXPOCITYでランチを食べた後は、
自然文化園日本庭園に移動しました。

自然文化園・日本庭園は共通の入園券で料金は大人1人250円です。↓

DSCF0235.jpg

まず、自然文化園から入りました。
自然文化園に入るとすぐ、目の前に『太陽の塔』が出迎えてくれます。↓

DSCF0220.jpg

DSCF0221.jpg

太陽の塔の周りは綺麗な芝生の広場になっていて、季節のお花も植えられていました。↓

DSCF0222.jpg

広場を半周して、
太陽の塔の後ろ側に来ると、
今まで知らなかった事に気付きました。

太陽の塔には、後ろ側にも顔が描かれているのです!

DSCF0223.jpg

(写真、失敗してるけど、コレしかない・・・)

自然文化園の中には、
1970年・大阪万博の時の日本のパビリオンの建物がそのまま残っていて、
中に入ることができました。(有料ですが・・・。値段忘れた・・・。)

DSCF0233.jpg

展示物などは、「当時はこんな感じでしたよ」的な展示になっていて、
フラッシュの使用は禁止ですが、
写真撮影もOKでした。

↓記念コインやメダルがありました。

DSCF0225.jpg

DSCF0232.jpg

他にも、当時は記念切手や記念宝くじなどが発売されたそうです。

DSCF0226.jpg

↑これ、なんだか分かります?

あまり知られてないし、普段は滅多に見ることが出来ませんが、
岡本太郎さん作『太陽の塔』の内部だそうです。

DSCF0227.jpg

『生命の樹』と言うそうです。

また、1970年・大阪万博の時の、各国コンパニオンの制服も展示されていました。↓

DSCF0229.jpg DSCF0230.jpg

当時の時代を物語るような品物の展示もありました。↓

DSCF0231.jpg

建物の外には、万博当時のランドマーク・エキスポタワーの一部が残されていて、展示されていました。↓

DSCF0224.jpg

建物を出たら、日本庭園に移動しました。

この日は午後から晴天で、途中で熱中症みたいになってきたので、
日本庭園では1枚しか写真を撮りませんでした。

DSCF0234.jpg

↑これが日本庭園で撮った唯一の写真。

尚、写真は撮りませんでしたが、ちょうど6月26日まで『あじさい祭り』が催されていました。

***********

万博公園は兎に角広いです。

今回は、
EXPOCITY(ニフレル)と自然文化園・日本庭園 を1日に両方行ったから、
私の体力ではかなり厳しかったです。
欲張り過ぎてはダメですね。

それから、
歩きやすい靴、特に自然文化園・日本庭園に行く場合は、汚れてもいい靴を履いていくことをお勧めします。

お天気も関係したけど、歩き疲れて段々元気がなくなり、うつ状態というか、機嫌が悪くなってしまった私。

ご一緒したお相手には申し訳なかったけど、14時ぐらいには万博記念公園の駐車場を出て、
家の近くまで送ってもらい、帰宅後は夕食まで寝ていました。

自分に無理のない範囲で行動する、
相手のペースに流されない。

今回改めて思ったことだし、
私はまだまだ普通の人ほどの体力を備えてないな~。。。。。と思いました。

でも、トータルでは楽しい1日(特に前半は)だったので、
結果オーライかな。

7月1日には、EXPOCITYに新しい観覧車がオープンします。

また機会があれば、行ってみたいです。

でも、呉々も体力とよく相談して無理のない範囲で。

2016年6月26日の出来事を、3回に分けて書いて来ましたが、閲覧ありがとうございました。

次回の更新はいつになるか分かりませんが、
ボチボチ続けていきますので、
お時間ありましたら、またお立ち寄りください。

それではまた。
失礼します。



共通テーマ:地域

2016年6月26日、万博記念公園(EXPOCITY)その2.ランチ・商業施設編 [趣味(写真・グルメ・読書・音楽など)]

2016年6月26日、NIFREL(ニフレル)で1時間ほど楽しみ、
その次は早めのランチを食べることにしました。

*ららぽーとEXPOCITYのレストランガイド 参考HP
http://www.lalaport-expocity.com/shopguide/gourmet.html

先ず目に入ってきて、「ここで食べたい!」と思ったのが、
↓『万博食堂』です。
1970年に開催された大阪万博の時の、各国の人気メニューの数々が忠実に再現されています。

DSCF0206.jpg

入り口にメニューのディスプレイがあったのですが、
ボリューム満点のT-ボーンステーキや、カレーなどがあり、
「ここがいい!」と思ったのですが、
11時の時点で既に14組 お待ちのお客様が・・・。
時間にして約1時間は待たなければいけないと言われ断念しました。(。・ω・。)

仕方がないので、違うお店に・・・ということで、
『神楽揚処本串家』というお店に入りました。
このお店は、串揚げのお店なのですが、
自分で揚げ、セルフバイキングになっています。(時間制限有り)
串揚げ以外にも、サラダやスープ、ドリンク、デザートなどもあります。

自分で揚げて、食べ放題、っていうのがちょっと楽しいですよね♪

DSCF0209.jpg

↑定番の牛肉と豚肉。
先ず、ねり粉をつけてからパン粉をつけ、自分で揚げます。

DSCF0210.jpg

↑お総菜のカレーコロッケ

DSCF0211.jpg

↑サラダ

DSCF0212.jpg

ぶどう酢 ↑

DSCF0213.jpg

↑お子ちゃま向けの たこさんウインナーや たこ焼き

DSCF0214.jpg

↑りんご100%ジュース

デザートの写真取り忘れた・・・・・。(-_-;)

食べ終わった後は、他の飲食店や商業施設を見て回りました。

DSCF0215.jpg

↑あらいぐまラスカルとコラボしたお店がありました。
期間限定(2016年6月16日~11月24日まで)だそうです。

このお店は、
株式会社バンダイがエキスポシティで運営する
ベーカリーカフェ「BAKERY CAFE CHARA BREAD(ベーカリーカフェキャラブレッド)」。
バンダイが国内で初めて手掛けるベーカリーカフェですが、さまざまなキャラクターとコラボしたベーカリーカフェとして話題となっています。

↓ガンダムもいましたよ。

DSCF0216.jpg

↓ガンダムカフェ&ショップもありました。

DSCF0203.jpg

DSCF0204.jpg

DSCF0205.jpg

私はガンダム全然分からなくて興味もないのですが、
マニアには、ここは聖地かも(笑)

ピカチュウもいました。↓

DSCF0217.jpg

で、ピカチュウの後ろに観覧車が見えてますが、
この観覧車が7月1日にグランドオープンするそうです。
❁参考HP:http://osaka-wheel.com/

EXPOCITYの中には、ららぽーとがあり、映画を見たりお買い物もできますが、
今回は万博記念公園の中にある『自然文化園・日本庭園』に移動しました。

続きます。


タグ:EXPOCITY

共通テーマ:地域

2016年6月26日、万博公園に行ってきました。その1.NIFREL(ニフレル)編 [趣味(写真・グルメ・読書・音楽など)]

昨日(2016年6月26日)の事になりますが、
万博記念公園に行ってきました。(大阪府吹田市)

渋滞を予想し、待ち合わせは朝の9時。
9時半には着いて、まずは混雑するであろう人気施設のNIFRELに並びました。

DSCF0218.jpg

営業開始時間は午前10時からですが、既に長蛇の列です。
係の人がフロアガイドを渡してくださいました。

IMG_0002.jpg IMG_0001.jpg

IMG_0003.jpg IMG_0004.jpg

↑スキャンしたのを載せてるけど詳細はわかんないね(^_^;

10時少し前になって、入館券の発売が始まりました。
入館料は大人1人が1,900円です。
支払いには、現金以外にも、VISA/JCB/MASTERカードが使えます。

DSCF0236.jpg

建物は2階建てになっていて、大小いろんな種類のお魚や動物がいて、
写真撮影もOKですが、フラッシュの使用は禁止です。
また、全体に照明は暗いし、魚や動物は動くし、他のお客さんが写真に写り込まないように、と思うと
なかなか写真撮影は難しかったです。

たくさん撮りましたが、そのうちの何枚か載せておきます。

DSCF0165.jpg

↑一番笑えたのがこの写真。
ひっくり返ってしまい、自力では元に戻れなくなってもがいてた(笑)

DSCF0166.jpg

↑サメ。やっぱり、大きな魚は写真の見映えがいい。

DSCF0167.jpg

↑わかりにくいかもしれないけれど、ドクターフィッシュです。
ついばまれる感じは、こそばかった。
つまり、私の指は汚れてるってこと?>_<

DSCF0168.jpg DSCF0171.jpg

1階と2階の一部は吹き抜けになっていて、
地球をイメージした球体がつるされていました。↓

DSCF0179.jpg

また、床にもその光や映像が映し出されていたので、
自分で自分の足下を撮ってみました。↓

DSCF0180.jpg

地球の球体は、時間によって色を変えます。↓

DSCF0181.jpg

↓上からつるされてる地球をイメージした球体と、床に映し出された物を、1枚の写真に収めるのは難しかったので、上が半分になってしまいましたが、綺麗なので載せておきます。

DSCF0182.jpg

DSCF0183.jpg

DSCF0184.jpg

↓2階に上がると、インドでは、白ゾウ、白ウシとともに古くから神聖な生き物として崇められてきたホワイトタイガーがいました。その姿を見た者は天運に恵まれ、幸せになれるという伝説もあります。

DSCF0186.jpg

DSCF0187.jpg

↑「空中散歩」とでも言うのでしょうか?
そんな姿を見ることも出来ました。

DSCF0189.jpg

DSCF0190.jpg

DSCF0191.jpg

哀愁漂う?後ろ姿。↑

DSCF0192.jpg

↑ペンギン

DSCF0193.jpg

↑ちょうど、餌やりの時間でした。
餌でつって、体重測定をしていました。

DSCF0197.jpg

↑この鳥、なんだと思います?
鳩の一種なんですって。

*********

NIFRELは、○○「に触れる」というのが、ネーミングの由来です。
海遊館がプロデュースしていますが、参加・体験型の施設です。

NIFRELはここまで。

この後、早めのランチを食べました。

続きます。



共通テーマ:地域