So-net無料ブログ作成
消化器内科の通院記録 ブログトップ
前の10件 | -

【大腸内視鏡検査】画像診断結果 [消化器内科の通院記録]

こんばんは。
昨日(2017年12月14日)、消化器内科の予約日で、
先日行った【大腸内視鏡検査】の画像診断結果を聞いてきました。

ポリープ3個切除しましたが、
一番大きい物で、
人差し指第一関節ぐらいの大きさと言われました。
そんなに大きなポリープがあったのかと驚きです。(゜Д゜)

顕微鏡による細胞診の結果はまだ間に合わなかったのですが、
多分良性でしょう、ということです。

部分的に大腸内のリンパが腫れているところがあり、
細菌感染しやすい状態と言われましたが、
今回の検査では細菌感染は存在しませんでした。

生命保険会社の診断書の件、
お話しました。
生命保険会社から私の自宅に所定の診断書が届くのと、
細胞診の結果が分かるタイミングからして、
年末ギリギリですが、12月28日に次回予約です。

年末年始を挟むこともあり、
診断書の作成には1週間から10日ほど必要、と言われ、
年明けにまた取りに来てください、との事です。

今回は、
お薬(ネキシウムカプセル、朝食後1錠)14日分で、760円でした。

帰りに、
「成城石井」でクリスマスの『シュトレン』を買って帰りました。

帰宅後は、
疲れから喉の調子が悪くなってしまいましたが、
18日に今度はまた神経内科と精神神経科の予約なので、
週末はゆっくり休養します。

それではまた。閲覧に感謝して。

共通テーマ:健康

【大腸内視鏡検査体験記】反省点とポリープ3個切除 [消化器内科の通院記録]

こんばんは。今夜も中途覚醒の私です。

予定通り、12月12日に大腸内視鏡検査 行ってきました。
やっとblogを書く気力が戻ってきたので、
体験記として、
反省点とポリープ3個切除したことなどを書き残しておきます。

先ず、
検査当日なんですが、
普段から飲んでいる薬で
中止薬(主に「血液をサラサラにするお薬・抗凝固薬」)以外のお薬は
午前6時までに内服、という事だったので、
早起きして午前6時までに内服したのですが、
私、漢方薬(顆粒)を飲んでるんですね。
漢方薬(顆粒)の正しい飲み方は、
白湯に溶かして飲むのが正しい飲み方なんですが、
他にも錠剤数種と粉薬あるから、
一緒に冷水で口に放り込んで飲んでいるんです。

これが、内視鏡検査の時に災いしまして・・・。
漢方薬の顆粒が腸壁に残っていたのです。
(大腸内視鏡検査は、自分でもモニターで確認しながら行われる)
検査を担当してくださった先生(いつもの主治医より役職上のベテラン先生)に、
「漢方薬、飲んでます? 顆粒が残ってるね」って言われてしまいました。
これが一つ目の反省点。

で、腸壁に便のカスや私の様に検査の妨げになる物があると、
うまく説明出来ないのですが、
内視鏡の先から水が出てきて洗浄します。
で、
その水は当然のことながら自然とお尻から流れ落ちていきます。
なので、検査台の上には、防水シートや犬のおトイレシートの様な物が敷かれています。

もう一つの反省点は、
私、
モビプレップ(洗腸剤)を飲む合計時間を単純計算して、
出掛けるためのメイクや着替えなどの身支度にかかる時間を後回しにしていました。
モビプレップ自体は、
午前9時から飲み始めて絶対量の1.5ℓを飲み終わるまでに約1時間半かかります。
検査は午後2時半からの予約で、病院まで、私の家からだと徒歩と電車利用で30分~45分もあれば余裕で着きます。
なので、
身支度にかかる時間を後回しにしていたのですが、
モビプレップ飲むとトイレが忙しい。
私の場合でモビプレップ服用開始から検査に必要な絶対量の1.5ℓを飲み終えるまで、
20回トイレに行きました。
トイレに行って排便しつつ、なので、
飲み終わるまで単純計算の1時間半で済むはずもなく・・・。
しかも、
1.5ℓ飲み終わった段階で、
まだ検査できる状態の「無色透明の水便」になってなくて、
時間の許す限り残りのモビプレップも飲まなきゃいけなくて・・・。
(モビプレップ自体は全部で2ℓあります)
とりあえず、残り500mlのうち、200mlのモビプレップと、水100mlを飲み、
なんとか検査できる状態の便にまでなり、
大慌てでお出かけ用の服に着替えメイクをしました。

病院に着いたのも予約時間ギリギリで(;゜ロ゜)
で、検査の前に看護師さんの問診があり、
便の回数や状態を聞かれたのですが、
どうもまだお腹がスッキリしなくて・・・。
すると看護師さんに、
「便の状態を確認したいので、おトイレに行って来て、出たら流さずに、呼んで下さい」
と言われてしまいました。(看護師さんは勿論 女の看護師さんですが)
ちょっと恥ずかしいな、とは思いましたが、
便の状態によっては、ここまできて検査が出来ないこともあるのですね。
で、
トイレに行くと、ちょっとだけ、もろもろとしたカス状の便が出て、
その後、無色透明の水便になったので、無事に検査可能になりました。

検査で私が心配してたのは、私、下剤の量と服用期間が半端ないので、
「大腸黒皮症」になってないかな?という事だったのですが、
これは問題なしでした。
でも、
ポリープが3個もありまして。
はい。その場で切除です。

検査前に鎮静剤と鎮痛剤の血管注射をしていたので、検査終了後はしばらくフラフラしてて、
休憩スペースの椅子に座っていました。

その後、検査着からお着替えして、検査後の注意事項などの説明があったのですが、
ポリープを切除したので2時間はお食事出来ません。(水分補給は可能)
また、お食事も検査後と翌日はお粥や麺類など消化の良い物で、
香辛料や刺激物、硬い物はNG。
検査当日はシャワーのみで湯船には浸からない。
検査後1週間はアルコール・運動・旅行・長風呂など禁止です。

そしてお会計。
金額聞いてびっくりしました。(゜Д゜)
具体的な数字は書けませんが、
思わず、
「保険適用?」と確かめたくなるようなお値段でございました。トホホ・・・。
まぁ、ポリープ3個切除で「手術」扱い。
切除したポリープの病理検査代が加算されましたから。

午後2時半からの予約でしたが、
お会計が済んだ頃には、もう日は暮れていて。
病院を出てから、母に
「検査やっと終わりました。お粥か麺類しか食べること出来ません。」ってことと、
「何時までは食事NGです」、って事を電話で伝えました。

優しい母は、お粥を作って待っていてくれました。

で、
継父が寝た後、検査の報告をし、検査代の明細も見せたのですが、
母が、
「ポリープ切除して手術扱いになってるなら、加入してる生命保険に『日帰り手術』として認めてもらえて給付金(見舞金)が出ないか水曜日に電話してみる」と言ってくれました。

生命保険のこととかも、もう自分で管理出来ててもいい歳なんだけど、
未だに母に頼っています。

で、13日(水曜日)に生命保険会社に問い合わせの電話をしてくれました。
ポリープ切除、『日帰り手術』として認めてもらえて給付金が支給されるかどうかは、
検査結果と診断書の内容次第なんですって。
診断書は生命保険会社から送られてくる指定の物。
で、診断書って自費ですよね。
仮に給付金の支給が認められなかった場合でも、
私の加入している生命保険の場合、上限5,000円までは診断書代返却してくれるそうです。

なので、診断書届き次第、主治医に書いてもらいます。

また、検査結果など分かり次第blog書きますね。

閲覧に感謝して@えみまろ

共通テーマ:健康

【大腸内視鏡検査を前に】眠れない(>_<) [消化器内科の通院記録]

もう12月12日ですよね。時間は午前4時過ぎ。
今日は大腸内視鏡検査当日だというのに、ほとんど寝てません。眠れません。(ノД`)

まだ、毎日外出する生活を過ごせてないので、
たまに病院の予約日なんかで外出するときは、緊張して眠れないのですが、
今夜はいつもにも増して眠れない(>_<)
もう、このまま朝まで?

夜中起きてるとお腹すくけど絶食だから、
ひたすらお水ばかり飲んでます。
で、トイレ近くなるし。
だけど肝心のお通じがこない!
お小水ばかりで、硬結便(こうけつべん)になっています。

いつもの夕食後に飲む下剤(酸化マグネシウム製剤とアミティーザ)+検査用の下剤センノシド3錠飲んでも、まだお通じがこない!
そう。
私って頑固な便秘症なんです。
だから検査するんですけどね。

検査までに排便がちゃんと出来てないと、場合によっては検査が行えなくて、
検査3日前から準備してきて、1,620円もする検査食や、検査用のお薬代とか、絶食に耐えたこととか、
全部が無駄になってしまうんです。(また泣く(´;ω;`)ウゥゥ)

まぁ、まだ時間はあります。
朝9時からはモビプレップという強烈な洗腸剤を飲みます。
最悪、病院で浣腸です。(;´д`)トホホ

頑張ります。

また、blog書きますね。
(大腸内視鏡検査の事ばかりで、決してきれいな話ではないが・・・)

共通テーマ:健康

「患者ファースト」な病院 [消化器内科の通院記録]

こんばんは。今夜も中途覚醒してしまったので、

blogを書く事にしました。


先日、

大腸内視鏡検査の日が生理と重なってしまうかもしれないことを病院に電話で伝えました。


電話では、

「患者さんご本人が気になるようでしたら、

担当の先生と相談の上、延期することも出来ますが。」と言われました。


東京都知事の「都民ファースト」じゃないけれど、

なんと「患者ファースト」な病院なんでしょう!


一瞬どうしようかな?と思いましたが、

もし重なっても8日目、終わりかけなので、

予定通りお願いすることにしました。

タンポンを挿入しての検査になります。


検査の日も近づいてきました。

9日(土曜日)から、禁止食材があり献立を考えなきゃいけませんが、

母と相談して献立も大体決まりました。


朝食は土日とも卵料理と、ごはんかトースト。

ごはんはOKだけど、「ふりかけ」はNG。

トーストも、私はマヨネーズに粒マスタードを混ぜたものを塗るのが好きなんですが、

「粒マスタード」はNGです。


昼食は、大体いつも一品物が多くて。麺類とかカレーとか。

麺類なら「ネギなし・野菜なし」の素ラーメン。焼き豚(チャーシュー)ぐらいなら大丈夫かな。


土曜の晩御飯は、

週末メニューということで、

普段なら餃子とか食べてるんですが、「餃子」はNG。(「ニラや野菜」が入ってるので)

お肉やジャガイモ料理の予定です。


日曜日のお昼、普段は焼きそばが多いのですが、

私は「野菜なし」。

お肉と調味料で味付けしただけの焼きそばになりそうです。

「鰹節や青のり」はNGです。


晩御飯は「玉ねぎなし」のグラタンの予定です。


大腸内視鏡検査って、いろいろ大変。

でも、大腸癌とか大きな病気になる前に検査しておく事の方が大事。


恥ずかしいとか言ってられないし、もう逃げられない。

頑張ります。!(^^)!


共通テーマ:健康

【大腸内視鏡検査】検査3日前からの禁止食材と検査前日の検査食、検査用のお薬 [消化器内科の通院記録]

大腸内視鏡検査当日まで まだ日がありますが、

検査3日前から食べてはいけない禁止食材があり、

検査前日は検査食で夕食は午後8時まで、以降は絶食で水分(水またはスポーツドリンク)のみ可、

当日の朝は洗腸剤との闘いでblogを書く余裕などきっとないと思うので、

事前に禁止食材と検査食、検査に用いるお薬の事などを書いておきます。


★検査3日前からの禁止食材

・海藻類

・キノコ類

・繊維の多い野菜(ごぼう、キャベツ、白菜、ネギなど)

・種のあるもの(スイカ、キウイ、ゴマなど)

・ピーナッツ

・こんにゃく等

・果物(バナナ、ミカン)


これらの禁止食材を避けて献立を考えるのが大変です。


★検査食


で、次に検査食ですが、

病院の職員さんに「売店で買って帰ってください」と言われました。

そう。検査食は実費なんです。

で、のこのこと売店に行き、「大腸内視鏡検査用の検査食ください」とお願いしたら、

「1,620円(税込み)です」とのこと。


帰宅してから検査食の値段を実母に言うと、「この食事で1日1,620円は高い!」と言っていました。

そう。本当にそう思うほど、

粗食なんです。


私が病院の売店で買ってきた検査食は、

〈ダルムスペース リッチⅢ〉というもので、

後で写真や説明文を載せておきすが、

朝食・昼食・夕食・間食 各1セット入りのものです。


朝食は、和風がゆ(レトルトパウチ)と、みそ汁(熱湯を注ぐタイプのインスタント)

昼食は、中華がゆ(レトルトパウチ)と、すまし汁(熱湯を注ぐタイプのインスタント)

間食に、ソフトクッキー(ココア味)と、粉末飲料(オレンジ・アップル)←水を注ぎかき混ぜて飲むタイプ

夕食は、コーンポタージュのみ


というメニューです。


考えただけでひもじい・・・・。(´・ω・`)


DSCF0401.jpg

これが検査食。


中を開けると、



説明文

IMG_0001.jpg


IMG_0002.jpg


IMG_0003.jpg


IMG_0004.jpg


IMG_0005.jpg


となっています。


(説明文、写真をクリックしたら大きくなると思う)


★検査前日午後9時に飲むお薬


センノシドという(ピンクの錠剤)を3錠飲みます。

この時、水またはスポーツドリンクをコップ2杯以上飲みます。


水分が少ないと、下剤の効き目が悪くなる為です。


のどが渇いたら我慢せず「水・スポーツドリンク」は飲んでOKですが、

・牛乳などの乳製品

・果実入りの飲料水

・酒(アルコール類)

・野菜ジュース

・炭酸飲料水

・コーヒー、紅茶、お茶 等はNGです。


★検査当日


起床時に、コップ1杯以上の水分(水・またはスポーツドリンク)を飲みます。

また、

絶食ですが、普段から飲んでいるお薬がある場合は、

朝6時までに内服を済ませておきます。


*午前8時半

モサプリドクエン酸塩(白い錠剤)を4錠飲みます。

(水またはスポーツドリンクをコップ1杯以上飲む)


*午前9時までに

①モビプレップの容器にガスコン(白い粉薬)を加え、水に溶かします。


moviprep_03.jpg


②上からバッグを押し、A剤とB剤の隔壁を開通させます。

③バッグをよく振り、白い塊がなくなるまで溶解します。

④2ℓまで水を入れます。バッグをよく振り、完全に溶解します。

moviprep_04.jpg


2ℓの薬液が出来上がれば、

9時から服用を開始します。


★モビプレップ 服用のしかた


モビプレップ3杯と水またはスポーツドリンク1杯を交互に飲むことを3回(3セット)繰り返します。

(約10分かけてコップ1杯を飲み干す)

*コップ1杯は約170mlとする。(市販の紙コップを使用するのがお勧め)


計算すると、飲み終わるまで合計約1時間半かかります。

この間、便意を感じたら、排便し、排便の回数を記録しておきます。

のどが乾いたら水分を取りながら積極的に排便を行います。


なお、余談ですが、下着を汚さないために、生理用ナプキンをつけておくのをお勧めします。


モビプレップ1500ml以上、水分500ml以上は必ず内服します。


モビプレップ1500ml以上を飲み終えた時の便の状態が、透明でにごりも便のカスもない水便の場合は、検査のため病院に行く準備をして大丈夫です。


まだ茶色い宿便だったり、にごっていたり、もろもろとしたカスがある場合は、残りの500mlのモビプレップを飲めるだけ飲んでください。


最後に飲んだモビプレップの量の半分量の「水」を飲んでください。

(例1 モビプレップ200mlの場合:水100ml)

(例2 モビプレップ500mlの場合:水250ml)


最後に、水、スポーツドリンクを飲むのを忘れないようにしましょう。


検査開始時間を逆算して出掛けますが、もちろん昼食もなし。

通院は、自分で車やバイク・自転車を運転することなく、公共交通機関を利用しましょう。

また、前述しましたが、通院時も生理用ナプキンは下着を汚さないためにつけていったほうが安心かも。


ただし、モビプレップはかなり強烈な洗腸剤ですので、

服用中に蕁麻疹がでたり、めまいがしたり、顔がむくむ、息苦しい、嘔吐などの症状が現れた場合には、

我慢せずに直ちに服用を中止し、病院に連絡してください。


*お薬

01150cfa2d39826f72ae85d47d9eea68342f9dfcc2.jpg


手前左:センノシド(ピンクの錠剤)3錠→検査前日午後9時内服

手前真ん中:モサプリドクエン酸塩(白い錠剤)4錠→検査当日午前8時半内服

手前右:ガスコン(白い粉薬)→モビプレップの容器に加える

写真奥:モビプレップ(開封前)


★承諾書と問診票など持参・提出物


大腸内視鏡検査では、ポリープが見つかれば、ポリープの大きさにもよりますが、その場で切除します。

(正確には高周波電流を流して焼き切る)

ポリープ切除後に、まれに出血・穿孔(せんこう・穴があくこと)・腹膜炎などの偶発症が起こり、開腹手術などの緊急処置が必要となることもあるので、念のため、承諾書に患者本人と親族の氏名の記入・捺印したものと、

検査予約票、事前に記入した検査問診票、お薬手帳を持参・提出します。(お薬手帳は返却してくれる)


★服装


検査の時は、検査着に着替えるので、自宅からは着替えやすい服装で行きましょう。

女性の場合、内視鏡だけならブラジャーやキャミソールは着たままでも大丈夫みたいです。

自分が履いてきたショーツは脱いで、病院が用意してくれた使い捨ての紙パンツみたいなのを履くそうです。

(男性のトランクスみたいに穴あきになってるのを、穴をお尻のほうにして履く)


★検査の手順


ベッド(検査台)に横向きに寝たら、まず、肛門の周りにゼリー状の麻酔薬を塗布されるそうです。

(内視鏡が入りやすく、痛みを和らげるため)

この後、場合によっては、肛門から指を入れられることもあるそうですが、

これは、腸の角度を確かめるためだそうです。

鎮静剤の注射を打たれる場合もあります。(私は胃カメラ検査の時、鎮静剤を打たれ、意識がもうろうとしている間に検査は終わっていました。人によっては、ストーンと寝てしまうこともあるそうです。)

また、肩に腸の働きを止める注射を打ちます。



★検査費用


保険適用(3割)で、ポリープがなければ5~6,000円ぐらいだそうですが、

鎮静剤を打ったり、ポリープ切除したり、検査前に最悪の場合 浣腸したりすると加算されていきます。

お金は多めに用意しておきましょう。


★検査後


ポリープ切除すると、顕微鏡検査します。結果を聞くための診察は後日です。

また、ポリープ切除した場合、1週間は飲酒・旅行・激しい運動は禁止です。


**************************************************


以上、病院から渡された資料や調べたことなどを参考に書いてみました。


なお、モビプレップは検査当日直前まで開封してはいけないので、開封後の写真はフリー画像からもらってきました。


水とスポーツドリンクは、とにかく多めに用意しておくべきですね。


検査後、また体験談と結果を書きます。


それでは。


共通テーマ:健康

初の便秘「診療ガイドライン」まとまる(2017年12月2日 産経ニュース) [消化器内科の通院記録]

12月2日早朝のblog記事で大腸内視鏡検査をうけることになった、と記事にしましたが、

丁度良いタイミングで、

その日の夕方【産経ニュース】に

初の便秘「診療ガイドライン」まとまる』という記事が記載されていたので、

記事の内容を私なりに要約しておきます。


(一応リンクもしておきますが、リンク先の閲覧期限が分からないので・・・)


〈要約〉

 日本ではこれまで便秘は病気とみなされず、医療機関を受診しても、効果的な治療が受けられませんでした。

そんな現状を変えようと、消化器内科医らで組織する「慢性便秘の診断・治療研究会」が日本初となる便秘のガイドライン「慢性便秘症診療ガイドライン」を作成しました。


★「患者」は1千万人以上

 厚生労働省の国民生活基礎調査(2013年)によると、便秘に悩む人は60歳までは男性よりも女性が多いが、加齢とともに男性の有病者も増加、80歳以上では男性が女性を上回っています。高齢化が進む中、日本の便秘「患者」は1千万人以上いるとみられています。


ガイドライン作成メンバーで、横浜市立大大学院医学研究科・肝胆膵消化器病学教室の中島淳教授は、「(発言一部抜粋)高齢者の便秘は、命に関わることが最近の研究で分かってきた。また、ただの便秘と思っていたら、実際は大腸がんなどの病気が隠れていることもある。」と説明しています。


 とくに最近、医療機関で問題となっているのが、「宿便性腸穿孔(せんこう)」の患者の増加です。これは、

便秘で硬くなった便が原因で腸に穴が開く病気です。


★排便困難や残便感


 そもそも便秘とはどういう状態をいうのか。


 日本内科学会は「3日以上排便がない、または毎日排便があっても残便感がある場合」としていましたが、ガイドラインでは、「本来なら体外に排出すべき糞(ふん)便を、十分量かつ快適に排出できない状態」と定義しました。そのうえで、大腸がんなどの病気による大腸の形態的変化を伴わないもので、排便困難や残便感があって困っている場合治療が必要だ、としています。


★快便法知り予防


 便秘の原因は多岐にわたりますが、加齢や運動不足、食事量の減少に加え、病気になったり薬を服用したりする人が多いことも関係しています。


 病気ではパーキンソン病やレビー小体型認知症、進行した糖尿病が、薬ではがんの痛み止めに使うオピオイドや鬱病の治療薬が、高頻度に便秘を起こすことが知られています。


 60歳以下の女性の場合は、ダイエット経験がある人や昼食摂取が少ない人ほど便秘が多いです。


 一方、快便の人に共通してみられる生活習慣として、女性は「一口の咀嚼(そしゃく)回数が30回以上」、男性は「1日当たり1500ミリリットル以上の水分を摂取」を指摘する研究があります。


★「弱い推奨」


 ところで、便秘の治療といえば、ヨーグルトや食物繊維の摂取、などが手軽にできる便秘対策としてよく知られていますが、ガイドラインでは、これらの方法は、積極的に勧めるほどでない「弱い推奨」にとどまっています。


 しかも、食物繊維については、「過剰摂取は便秘を増悪(ぞうあく)する」としています。適量が大切ということのようです。


 他に、大黄やセンナ、アロエなどの生薬は、飲み続けると大腸にトラブルをきたします。


★では、治療法は?


 科学的根拠がある治療法としては、2012年に約30年ぶりに保険適用となったルビプロストン(上皮機能変容薬)などの処方薬を挙げています。*薬剤名「アミティーザ」


*******************************************


以上、

〈要約〉と言うより殆ど書き写しになってしまいました(^_^;


今の私にぴったりな記事に出逢えて良かったです。


検査までに、

検査食や検査用のお薬の事なども、

記事にしようと思います。


それではまた。





共通テーマ:健康

大腸内視鏡検査を受けることになりました。 [消化器内科の通院記録]

お久しぶりです。


しばらくblogを非公開にしてましたが、

記録しておきたい出来事が幾つかあったので、

記事を書き、公開する気になりました。


今までの記事は、順次元に戻していきます。


先ず、

2017年10月19日(木)に消化器内科を受診し、

便秘の事を相談しました。


私は元々便秘体質で、

10代の頃(まだバブルの名残があった頃)、実母が某ネットワークビジネスでプルーンを扱っていたので、

プルーンを便秘解消の為に食べたりジュースにして飲んだりしていました。

20代になってアトピー性皮膚炎がひどくなり、

抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を内服するようになると、

薬の副作用でさらに便秘がひどくなるので、皮膚科でピンクの「センノシド」(またの名を「プルゼニド」)という、ピンクのコーラックの様な下剤を処方してもらっていました。

30代になり、精神神経科に通うようになると、

精神神経科のお薬の中にはさらに副作用で便秘がひどくなるお薬があるので、

精神科なら自立支援で医療費が免除されることもあり、

精神科で下剤を処方してもらうようになりました。


ですが、

何でもかんでも精神科、というわけにもいかないので、

消化器内科でガス(おなら)を出やすくする「ガスコン」という薬を処方してもらっていたこともあります。


だけど、

下剤って飲み続けると耐性が出来ちゃうんですよね。

段々効かなくなってきて、錠剤の数は増えるし、種類も増えます。


最近コマーシャルでも宣伝してるからご存知の方も多いかと思いますが、

下剤には、

「刺激性」と「非刺激性」があります。


前述した「センノシド」や「プルゼニド」は、刺激性で大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進するので、

お腹が痛くなりやすいです。

対して、「非刺激性」は、酸化マグネシウム製剤で、薬剤名「マグミット」などがあり、便を柔らかくする作用があるので、硬結便(こうけつべん)という、カチカチに硬くなってコロコロした便や、りきまないと出てこないような便に効果があります。


また便秘のお薬で今一番新しく耐性が出来にくいと言われているお薬に、

「アミティーザ」というお薬があります。

私、

人間モルモットのような存在ですから、

「アミティーザ」も早速試しましたが、

効果があったのは最初の数ヶ月だけ。

段々効かなくなってきて、今では規定の倍の量を内服しています。


前置きが長くなりましたが、

そんなわけで、

やぶ蛇と言えばやぶ蛇ですが、

自分から消化器内科の主治医に便秘の相談をしたところ、

大腸内視鏡検査を勧められました。


でも、

大腸内視鏡検査ってお尻ですよね。肛門ですよね。

絶食ですよね。大量の下剤飲んで、場合によっては浣腸するっていうじゃないですか!!


「お願いします」とは、

即答出来ませんでした。


医師から、「前向きに検討して下さい」と言われ、次回の診察に返事をすることになりましたが、

私はすっかり後退モード。

帰宅してからは、

ネットで検査のことや体験談などを調べまくりました。


で、

結局約一ヶ月後11月9日(木)の診察で、

「検査お願いします」って返事したんですけどね。

検査予約したからには、もう引き返せません。


検査に関する注意事項や、

検査までに準備することなど、

また次回書きますね。




共通テーマ:健康

2016年10月27日、ネキシウムカプセル20mg→10mgへ減薬 [消化器内科の通院記録]

おはようございます。
昨日(2016/10/27)は消化器内科の予約日でした。


9月の下旬にも消化器内科を受診しています。
今年の7月から続いていた咳や喉の痛みですが、
9月の時点でまた再発し完治しないので、
消化器内科の先生に、
同じ総合病院内の耳鼻咽喉科と呼吸器内科の院内紹介状を書いて戴き、受診・検査しました。

結果、耳鼻咽喉科と呼吸器内科では異常が見つからなかったので、
結局「逆流性食道炎が悪化しての咳や喉の痛み」ということで、
生活習慣(特に喫煙)を注意されてしまいました。

そう。

ワタクシ、
本数は少ないですが、喫煙者でございます。

この頃、日に日に肩身の狭い思いをしております。

**************

7月の受診では、
漢方薬の「六君子湯(りっくんしとう)」も処方されましたが、
私の身体にはこのお薬、長期服用すると便秘がひどくなり体重増加の副作用があるので、
9月の診察の際に処方を止めてもらいました。

そして、
アコファイド(機能性ディスペプシアのお薬)とネキシウムカプセル(プロトンポンプ阻害薬・PPI)20mgだけを処方してもらい一ヶ月様子をみましたが、長引いていた咳や喉の痛みが大分良くなってきたので、
今回(2016/10/27)の診察でネキシウムカプセルが20mgから10mgに減薬になりました。

逆流性食道炎は、
100%完全に完治する病気ではありません。

うまく病気とつきあいながら、
その時々で薬の種類や量も加減が必要です。

消化器内科の主治医は、
「ネキシウムカプセルを10mgに減薬した状態で悪化しなければ、
次回(約2ヶ月後)の受診の際には、一度ネキシウムカプセルの処方を止めてみましょう」とおっしゃいました。

*************

次回の受診は12月。
早いものでもう年末ですね。

気ぜわしい季節がやってきます。


体調管理には気をつけて、
イベントも多くなるこれからの季節を乗り越えたいと思います。



共通テーマ:健康

2016年8月18日、消化器内科の診察内容 [消化器内科の通院記録]

今日(2016年8月18日)は消化器内科の予約日でした。
ずーーーっと前のblogに、私が通院している総合病院の名前と写真を載せたことがありましたが、
今回は写真だけ載せておきます。
地元の人とか分かる人には分かってしまいますが(^_^;
1471509062254.jpg

他府県の友達にこの写真を見せたら、
「これ本当に病院?すごい大きいね。ホテルじゃないの?」と言われてしまいましたが、
病院です。(笑)
しかも、この建物以外にも、南棟・東棟などと連絡橋で繋がっている大きな病院です。

で、
今回の診察内容ですが、
7月上旬から続いていた咳のことについて。

ん?
私 今、
「続いていた」と過去形遣いましたよね。
そうなんです。
大分よくなりました!\(^O^)/

先ず、地元のクリニック(耳鼻咽喉科)でPPI(プロトンポンプ阻害薬)の「ネキシウムカプセル」を7日分処方してもらったのですが、
改善しなかったので、
漢方薬の「六君子湯(りっくんしとう)」を追加し、
総合病院で以前から処方されている「アコファイド」と併せて内服したところ、
異変から一ヶ月以上経ちましたがやっとよくなってきました。

今日の診察では、
そのことを伝え、
「ネキシウムカプセル」と「六君子湯」の服用については
クリニックの先生と相談のうえ、
徐々に減らしていくのがbetterかも、と言われました。

逆流性食道炎は、100%完治する病気ではありません。
油断したらすぐ再発・悪化します。
うまく病気とつきあっていかなければいけません。

ですが、
生きるとか死ぬとかの病気ではありません。

逆食のために、
QOL(生活の質)は低下していますが、
上見ても下見てもキリのない世の中。

「生かされている」
そのことに感謝しなきゃいけませんよね。

今日の診察内容をクリニックの先生に伝えに行き、
「ネキシウムカプセル」と「六君子湯」のことを相談しますが、
私としては、
国保3割の負担になるので薬代は減らしたいところです。

かといって、
また急に再発・悪化したときの事を考えると、
お守り代わりに少量 頓服として持っているのがいいのでは、と思います。

*********

また、
病状報告など
不定期な更新ですが書いていきますね。

閲覧ありがとうございます。@えみまろ



共通テーマ:健康

長引く咳は持病の逆流性食道炎が原因? [消化器内科の通院記録]

こんばんは。お久しぶりです。

昨日(2016年7月21日)、予約を急遽早めてもらい、
消化器内科を受診してきました。
(本来の予約は8月18日でした。)

というのは、
7月6日頃から熱は平熱なのに咳が出始め、
最初は「夏風邪かな?」と思い家に買い置きしてた『葛根湯』を飲んでも効かず、
さらに薬局で買ってきた風邪薬『エスタックイブ ファイン EX』を飲んだところ、
目やにが大量に出たので、
さすがにコレは普通の風邪ではないと思い、
先ず、連休明け7月19日に家の近くの内科と耳鼻科を併設しているクリニックを受診したんです。

すると、
クリニックの先生は、
私が総合病院の消化器内科で逆流性食道炎(正確には「機能性ディスペプシア」ですが・・・)と診断されている事をご存知なので、
「逆流性食道炎が原因で出ている咳ですね」と、私が思ってもいなかった診断をされました。

で、総合病院の消化器内科の予約が当初、次回は8月18日ということもあり、
クリニックの方で、
『ネキシウムカプセル20mg』をとりあえず七日分処方してくださいました。
ネキシウムカプセルは、
日本国内では4番目に開発されたばかりのPPI(プロトンポンプ阻害薬)で
まだ、後発品(ジェネリック医薬品)はありません。
お薬の働きとしては、
胃酸の分泌を強力に抑え、潰瘍や炎症を改善します。

このお薬を、
1日1回夕食後に内服します。

7日後に再度クリニックを受診するように言われましたが、
併せて元から受診している総合病院の消化器内科にも連絡するように言われました。

クリニックから帰宅後、総合病院の消化器内科に電話をし、
病状と予約を早めてもらいたい旨伝えると、
意外にも、7月21日(木)に予約の空きがあるということで、
急遽行ってきました。

総合病院の消化器内科・担当医は、
クリニックの先生とはまた少し違った診断で、
「ネキシウムカプセルで治れば逆流性食道炎が原因だが、一度、呼吸器内科を受診することも検討した方がいいね」と言われました。

とりあえず、七日後にまたクリニックを受診し、
ネキシウムカプセルを内服して快復したかどうか、
総合病院の消化器内科・担当医の診断内容を伝えに行きます。

長引く咳には、他にも『間質性肺炎』などの病気があります。

私は、自己判断で市販薬を飲み、
病院に行くのが遅れたので、
どうか読者の皆様は、
早めに病院を受診されることをお勧めします。

尚、具体的な市販薬の名前を記載し、
製造販売元のエスエス製薬株式会社様には申し訳ないのですが、
『エスタックイブ』を内服して目やにがひどくなるのは
『皮膚粘膜眼症候群(スティーブンズ・ジョンソン症候群)』という副作用ですので、その時は直ちに服用を中止してくださいね。

また、
改めて病状報告します。

それでは。



共通テーマ:健康
前の10件 | - 消化器内科の通院記録 ブログトップ