So-net無料ブログ作成
検索選択
消化器内科の通院記録 ブログトップ

2016年10月27日、ネキシウムカプセル20mg→10mgへ減薬 [消化器内科の通院記録]

おはようございます。
昨日(2016/10/27)は消化器内科の予約日でした。


9月の下旬にも消化器内科を受診しています。
今年の7月から続いていた咳や喉の痛みですが、
9月の時点でまた再発し完治しないので、
消化器内科の先生に、
同じ総合病院内の耳鼻咽喉科と呼吸器内科の院内紹介状を書いて戴き、受診・検査しました。

結果、耳鼻咽喉科と呼吸器内科では異常が見つからなかったので、
結局「逆流性食道炎が悪化しての咳や喉の痛み」ということで、
生活習慣(特に喫煙)を注意されてしまいました。

そう。

ワタクシ、
本数は少ないですが、喫煙者でございます。

この頃、日に日に肩身の狭い思いをしております。

**************

7月の受診では、
漢方薬の「六君子湯(りっくんしとう)」も処方されましたが、
私の身体にはこのお薬、長期服用すると便秘がひどくなり体重増加の副作用があるので、
9月の診察の際に処方を止めてもらいました。

そして、
アコファイド(機能性ディスペプシアのお薬)とネキシウムカプセル(プロトンポンプ阻害薬・PPI)20mgだけを処方してもらい一ヶ月様子をみましたが、長引いていた咳や喉の痛みが大分良くなってきたので、
今回(2016/10/27)の診察でネキシウムカプセルが20mgから10mgに減薬になりました。

逆流性食道炎は、
100%完全に完治する病気ではありません。

うまく病気とつきあいながら、
その時々で薬の種類や量も加減が必要です。

消化器内科の主治医は、
「ネキシウムカプセルを10mgに減薬した状態で悪化しなければ、
次回(約2ヶ月後)の受診の際には、一度ネキシウムカプセルの処方を止めてみましょう」とおっしゃいました。

*************

次回の受診は12月。
早いものでもう年末ですね。

気ぜわしい季節がやってきます。


体調管理には気をつけて、
イベントも多くなるこれからの季節を乗り越えたいと思います。



共通テーマ:健康

2016年8月18日、消化器内科の診察内容 [消化器内科の通院記録]

今日(2016年8月18日)は消化器内科の予約日でした。
ずーーーっと前のblogに、私が通院している総合病院の名前と写真を載せたことがありましたが、
今回は写真だけ載せておきます。
地元の人とか分かる人には分かってしまいますが(^_^;
1471509062254.jpg

他府県の友達にこの写真を見せたら、
「これ本当に病院?すごい大きいね。ホテルじゃないの?」と言われてしまいましたが、
病院です。(笑)
しかも、この建物以外にも、南棟・東棟などと連絡橋で繋がっている大きな病院です。

で、
今回の診察内容ですが、
7月上旬から続いていた咳のことについて。

ん?
私 今、
「続いていた」と過去形遣いましたよね。
そうなんです。
大分よくなりました!\(^O^)/

先ず、地元のクリニック(耳鼻咽喉科)でPPI(プロトンポンプ阻害薬)の「ネキシウムカプセル」を7日分処方してもらったのですが、
改善しなかったので、
漢方薬の「六君子湯(りっくんしとう)」を追加し、
総合病院で以前から処方されている「アコファイド」と併せて内服したところ、
異変から一ヶ月以上経ちましたがやっとよくなってきました。

今日の診察では、
そのことを伝え、
「ネキシウムカプセル」と「六君子湯」の服用については
クリニックの先生と相談のうえ、
徐々に減らしていくのがbetterかも、と言われました。

逆流性食道炎は、100%完治する病気ではありません。
油断したらすぐ再発・悪化します。
うまく病気とつきあっていかなければいけません。

ですが、
生きるとか死ぬとかの病気ではありません。

逆食のために、
QOL(生活の質)は低下していますが、
上見ても下見てもキリのない世の中。

「生かされている」
そのことに感謝しなきゃいけませんよね。

今日の診察内容をクリニックの先生に伝えに行き、
「ネキシウムカプセル」と「六君子湯」のことを相談しますが、
私としては、
国保3割の負担になるので薬代は減らしたいところです。

かといって、
また急に再発・悪化したときの事を考えると、
お守り代わりに少量 頓服として持っているのがいいのでは、と思います。

*********

また、
病状報告など
不定期な更新ですが書いていきますね。

閲覧ありがとうございます。@えみまろ



共通テーマ:健康

長引く咳は持病の逆流性食道炎が原因? [消化器内科の通院記録]

こんばんは。お久しぶりです。

昨日(2016年7月21日)、予約を急遽早めてもらい、
消化器内科を受診してきました。
(本来の予約は8月18日でした。)

というのは、
7月6日頃から熱は平熱なのに咳が出始め、
最初は「夏風邪かな?」と思い家に買い置きしてた『葛根湯』を飲んでも効かず、
さらに薬局で買ってきた風邪薬『エスタックイブ ファイン EX』を飲んだところ、
目やにが大量に出たので、
さすがにコレは普通の風邪ではないと思い、
先ず、連休明け7月19日に家の近くの内科と耳鼻科を併設しているクリニックを受診したんです。

すると、
クリニックの先生は、
私が総合病院の消化器内科で逆流性食道炎(正確には「機能性ディスペプシア」ですが・・・)と診断されている事をご存知なので、
「逆流性食道炎が原因で出ている咳ですね」と、私が思ってもいなかった診断をされました。

で、総合病院の消化器内科の予約が当初、次回は8月18日ということもあり、
クリニックの方で、
『ネキシウムカプセル20mg』をとりあえず七日分処方してくださいました。
ネキシウムカプセルは、
日本国内では4番目に開発されたばかりのPPI(プロトンポンプ阻害薬)で
まだ、後発品(ジェネリック医薬品)はありません。
お薬の働きとしては、
胃酸の分泌を強力に抑え、潰瘍や炎症を改善します。

このお薬を、
1日1回夕食後に内服します。

7日後に再度クリニックを受診するように言われましたが、
併せて元から受診している総合病院の消化器内科にも連絡するように言われました。

クリニックから帰宅後、総合病院の消化器内科に電話をし、
病状と予約を早めてもらいたい旨伝えると、
意外にも、7月21日(木)に予約の空きがあるということで、
急遽行ってきました。

総合病院の消化器内科・担当医は、
クリニックの先生とはまた少し違った診断で、
「ネキシウムカプセルで治れば逆流性食道炎が原因だが、一度、呼吸器内科を受診することも検討した方がいいね」と言われました。

とりあえず、七日後にまたクリニックを受診し、
ネキシウムカプセルを内服して快復したかどうか、
総合病院の消化器内科・担当医の診断内容を伝えに行きます。

長引く咳には、他にも『間質性肺炎』などの病気があります。

私は、自己判断で市販薬を飲み、
病院に行くのが遅れたので、
どうか読者の皆様は、
早めに病院を受診されることをお勧めします。

尚、具体的な市販薬の名前を記載し、
製造販売元のエスエス製薬株式会社様には申し訳ないのですが、
『エスタックイブ』を内服して目やにがひどくなるのは
『皮膚粘膜眼症候群(スティーブンズ・ジョンソン症候群)』という副作用ですので、その時は直ちに服用を中止してくださいね。

また、
改めて病状報告します。

それでは。



共通テーマ:健康

10月15日(木)、消化器内科の予約 [消化器内科の通院記録]

こんばんは✩

昨日(2015/10/15)は朝から消化器内科の予約日でした。
(「機能性ディスペプシア」という症状で通院しています。)

症状は、微妙ーなんですが、
最近、カレーライスと焼き魚が、食べた後、気分悪くなってしまって・・・。

カレーライスは、香辛料が刺激になり、
焼き魚はお魚特有の生臭さが
食後 逆流してしまうのです。

そのことを伝えました。

お薬に関しては、
「アコファイド」というお薬を飲んでいるのですが、
長期服用しても副作用の心配が少ない事、
特に定期的な血液検査は不要であることを担当医に確認しました。

次回の予約は9週間後。早いもので12月になりますね。

診察代はいつもと同じで2,510円。

そういえば、私は国保なんですが、新しい保険証が届きました。

来週10月20日(火曜日)は皮膚科と精神神経科の予約日です。

精神神経科では、
障害者手帳と自立支援の更新手続きをしなければいけません。
診断書代が自費になります。

今月はちょっと出費が多いので、
正直キツいです。



共通テーマ:健康

調剤技術基本料 [消化器内科の通院記録]

昨日(2015/06/18)は、消化器内科の予約日でした。

 私は今、機能性ディスペシア(FD)と診断され、
アコファイドというお薬を毎食前1錠ずつ、1回の診察につき63日分処方されています。

普段は、このお薬の投薬料と再診料(外来診療料)、医学管理料(薬剤情報提供料)併せて2,510円なのですが、
今回は2,480円でした。

 私は以前、レセプト(診療報酬明細書)の勉強をしたことがあり、
その時の点数・薬価早見表を今でも所持しているので、
わずか30円の差ですが、この差が調剤技術基本料だと分かりました。

調剤技術基本料は、外来の場合、病院でも診療所でも8点で、同じ医療機関なら一ヶ月に一度のみ請求されます。

今月は6月2日に皮膚科を受診し、その際に請求されていました。

今まであまり意識してなかったのですが、
たった30円でもいつもより医療費が安いと嬉しくて、昔勉強したレセプトの資料で調べてしまいました。

 私は、残念ながらレセプトの勉強をしておきながら職には就けなかったのですが、
医療費に疑問があったりしたときに調べよう!と思います。

*********

診察内容は特にいつもと変わりなしです。

来週は23日(火)に精神神経科の予約、
そして25日(木)の午後には同じ病院の形成外科に継父が入院し翌日には手術します。

忙しい日々が続きます。

*********

相変わらず不定期更新の拙いblogですが、
閲覧してくださったことに感謝申し上げます。

ありがとうございます。@えみまろ


タグ:レセプト

共通テーマ:健康

就労困難な逆流性食道炎の症状、げっぷ(おくび) [消化器内科の通院記録]

こんにちは。本日2記事目です。

通院記録ではないのですが、私が消化器内科で診てもらっている逆流性食道炎(正確には私の場合、「機能性ディスペプシア」と診断されています。)の具体的な症状と、その症状故に生活の質(QOL)が低下してること、
就労困難なことを書こうと思います。

逆流性食道炎の症状には、胃痛や胸焼け、吐き気、胃酸過多、嘔吐、胃部膨満感、もたれ、などがありますが、
最近若い人に増えてきてるのが、
げっぷが多く出て長時間止まらない、という症状があります。
私も今まではっきり言ってきませんでしたが、
症状の中で一番つらいのが、げっぷです。

病院で処方されているお薬は毎食前に内服する薬で、
げっぷを止める頓服はありません。

仕方がないので、
市販薬のパンシロンクール(ロート製薬)などを飲んでいますが、
げっぷが止まらないときは、もう何時間も止まらないし、寝ることも出来ないし、
食事はのどを通らず、
電話に出ることも出来ないし、
人の目が気になるから外に出ることも出来ません。

私が就労困難なのは、
精神疾患だけじゃなく、こういう症状もあるからなんです。

でも、同じような悩みを抱えている人は多く、
ネットで
「逆流性食道炎 げっぷ 就労困難」のようなキーワードを入力し検索してみると、
多くのサイトを見つけることが出来ました。

げっぷは、欧米では特にマナー違反として冷たい目で見られますよね。

げっぷが全く出ない人は逆にいないはずなんですけどね。
誰でもビールや炭酸飲料を飲んだあとはげっぷがでると思います。

逆流性食道炎患者は、ストレスが原因だったりで、
長時間げっぷが続いて止まらなかったりします。

毎日げっぷの症状に悩まされている訳ではありませんが、
逆にいえば予約や約束をした当日になって症状が出ることもあります。

********

私は、五体は満足な体なので、私のことをよく知らない人からは
「どこが病気なの?障害者なの? なぜ働かないの?」と冷たい目で見られることも多々ありますが、
就労困難な体であることは自分が一番よく分かっています。

私がありがたいことに障害年金を受給出来ているのは、
精神疾患以外にも、総合病院の消化器内科と皮膚科に定期的に通院し、
それ以外の診療科にも通うことがあるからだと思っています。

それでも、社会参加は必要です。

精神障害者のための自助グループやフリースペースに参加するという方法もあります。

公開講座やお稽古事に行ってみるのも良いかもしれません。

体調と相談しながら、
束縛されずに参加出来ることから始めてみようと思います。

**************************

今まで逆食の具体的な症状であるげっぷのことをblogに書けずにいました。
なぜでしょう?
イメージの問題でしょうか?
でも、これからは隠さずに「それもまた自分なんだ」と思うようにします。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

不定期な更新ですが、
お時間ありましたら、またお立ち寄りください。
皆様のご来訪に感謝しています。




共通テーマ:健康

機能性ディスペプシア(FD)と診断されています。 [消化器内科の通院記録]

今日(2015/02/03)は消化器内科の予約日でした。

私は平成21年(2009年)8月から総合病院の消化器内科に通院し、
胃カメラや24時間PHモニタリング検査の結果、逆流性食道炎と診断されましたが、
今では『機能性ディスペプシア』と診断されています。

☆参考HP:機能性ディスペプシア(FD)
☆参考HP:食道生理機能検査(24時間PHモニタリング検査についても書かれています)

お薬は、『アコファイド』というお薬を処方してもらっています。
機能性ディスペプシアのために開発された新薬で、まだジェネリックはありません。

☆参考HP:おくすり110番 

以前、パリエットというプロトンポンプ阻害薬(PPI)を飲んだとき、
他の薬との飲み合わせが悪かったのか、
無月経になりました。
(一般的にはまだ報告されていない副作用ですが、特異的に血液障害が知られているので、
それと関係してるのかもしれません。)

書きたいことは色々あるのですが、
今日は通院で少し疲れたので、
このぐらいで失礼させて貰います。

ご来訪に感謝します。(えみまろ)



共通テーマ:健康
消化器内科の通院記録 ブログトップ