So-net無料ブログ作成
独り言 ブログトップ

if ~ [独り言]

人生は常に二者択一で
「もし あの時 ・・・」
と 後から嘆いてみても 手遅れで
私は
今まで
自分を犠牲にしたり
心に嘘をついたりして
本意ではない選択をしてきた
 
だけど
最終的に決めたのは自分だから
今更 誰かを責めることは出来ない
 
 
私が自分を犠牲にすることで
解決する問題があるなら 
それで善いと思ってた
 
 その代償は大きかった
 
 失った人・物・時間
 
空白は未だ埋まらず
こんな夜は
虚無感で
泣きたくなる 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私は、恐がりだから強がっている。 [独り言]

 私は、
このblogのコメント欄もnice!も閉じています。

それにはちゃんと訳があって、
nice!に関しては、
押し逃げしていくだけの人のために、自分の貴重な時間を費やして返礼するのがムダだと過去の経験上悟ったから。

では、コメントに関しては・・・・・。

ある日、
誹謗中傷のコメントや、
なりすましの人から私を試すようなコメントがつき、
 私は心を痛め、悩みました。

 私は、自分がblogに支配されている、自分の生活がblogに脅かされていると感じ、
怖くなりました。
だから、何も言わずblogにパスワードをかけたり、
非公開にしたり、
挙げ句の果てには削除したりを繰り返してきました。

私は、
結局怖がりなんです。
恐がりだから強がっている・・・・・。

**********

朝になりました。

今から眠りにつきます。

おやすみなさい・・・・・。



共通テーマ:日記・雑感

私に出来る事、私に与えられた「仕事」 [独り言]

おはようございます。私のblogを以前から読んで下さっている人なら、私がもう随分長い間、企業で就労もせず、

社会参加していない事はご存知だと思います。

ですが、

「仕事」って、なにも企業で就労することだけが「仕事」ではないと、

今日、とある占い師の方がアドバイスしてくださいました。

だって、そうですよね。

わたしは昔、「専業主婦」をしていましたが、

「専業主婦」だって立派な仕事です。

決して、無職ではありません。

企業に就労していてもいなくても、

人にはそれぞれ与えられた「仕事」があります。

赤ちゃんには赤ちゃんなりの「仕事」。

学生には学生の「仕事」。

みんなそれぞれ、

その時その時与えられた仕事を、

自分の出来る範囲でいいから、

その代わり、

心を込めて「迅速・優雅・丁寧」に行えば良いのです。

 私には、私に与えられた仕事があります。

先ず、自分の命を粗末にしない。

私は昔、希死念慮(きしねんりょ、簡単にいうと自殺願望)が強くて、

OD(睡眠薬や精神安定剤を大量に飲むこと)を繰り返していました。

そうやって、

自分の命を粗末に扱っていました。

自分の生きている意味や価値が分からなかったのです。

でも、

今の私は違います。

切っ掛けになったことは色々ありますが、

歌手の華原朋美さんが芸能界復帰されたことも励みになりました。

私は華原朋美さん、応援しています。

私の出来る事は、

とてもちっぽけなことだけど、

私のblogをわざわざ検索して情報を必要としてくれる人たちがいるから、

私はblogを書き続けています。(不定期更新だけど(^_^;

それも、

私に与えられた仕事だと思うようにしています。

また、

家の中にいても、

「仕事」はあります。

私は実家暮らしなので、

まずは両親と私、家族3人が仲良く心地よく生活できる「空気」を作ること。

今でも、パートで就労してくれている両親の負担を減らすこと。

それが、

今の私に与えられた仕事だと思っています。

その1つとして、

最近お料理を少しずつですが作るようになりました。

その程度のこと?

と言うひともいるかもしれませんが、

離婚の時、

元配偶者から料理を散々貶されトラウマになり、

実家で母に甘えていた私にとっては、

小さな進歩なんです。

そう。

元々、お料理は嫌いではなかったんです。

トラウマになってたから、

「自分には出来ない」って勝手に決めつけていたのです。

でも、

そのトラウマ = 呪縛 から、

少しずつ解放されてきた今の私。

焦らない。

頑張りすぎない。

頑張りすぎると、また張り詰めた糸が切れてしまうから・・・。

今の私には、

支えてくれる人、応援してくれる人がいます。

励みになっています。

ありがとう。

MEMORIES 3-Kahara Back to 1995-(初回限定盤)(DVD付)

MEMORIES 3-Kahara Back to 1995-(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ユニバーサルミュージック
  • 発売日: 2015/12/02
  • メディア: CD




共通テーマ:日記・雑感

自分のblogの閲覧数上げたいためだけにnice!押し逃げして、コメントも残さず、人のコメントには返事もせず無視する奴はもう二度と来るな! [独り言]

最低な輩は、私のblogに来なくていい。

私は今怒ってる。

やっぱり、

ここで心の通った交流なんて、よほどの事がない限り無理。

だって、

大方の人が、

所詮自分のランキングや閲覧数を上げることしか考えてないんでしょ?

閉じていたnice!やコメント欄を、

寂しさから再び開けた私が馬鹿だった。

もう、いい。

私のblogは私のもの。

私だけのもの。

邪魔する奴や自分の事しか考えてない奴は来るな!

敵にまわしてもいいよ。

私が誰の事を言ってるか、

ご本人なら、ちゃんと分かるよね。

名前を挙げないだけ有り難いと思いな。

私は、

あんたみたいな奴が大嫌いだ。

だから、

もう二度と私のblogに来んな!

いい?

わかった?



共通テーマ:日記・雑感

ネットの弊害 [独り言]

こんにちは。お久しぶりです。

しばらく、blogの更新をお休みしていました。正確に言うと、「ネットの弊害が怖くなって躊躇っていました。」

インターネット(以下、「ネット」)には、恩恵もあれば弊害もあります。

そんなこと、ネットを始めたもう10年以上前から知っていて実感している事です。

ですが、ここ最近、またその弊害に傷つき悩まされ、虚しさを感じていました・・・・・。

また、継父が私がblogを書いていることを快く思っておらず、
何処まで自分の心情やプライベートをブログ上に吐露して良い物かと考えていました。

 私は、エゴかもしれませんが私の書いたblogが何か少しでも読者の方の心に届き、
参考にしていただけたり、私を反面教師にして「頑張ろう」と思ってくだされば良いと思い、
ありのままを曝け出してきました。

特に、こことは別になりますが愛犬マロンのことを書いたブログでは、
老犬介護の問題に取り組む切っ掛けになったり、
微力ではありますが現在進行形で老犬介護をしている飼い主さんのお力になれれば・・・、と思い書いてきました。

何より、
ひたむきに生きたマロンの記録を記憶に残したかったのです。

でも、
ネットは何処で誰が見てるか分かりません。

匿名のはずの「えみまろ」というブログ上での名前が、匿名でなくなってきてるのです・・・・・。 

そのことに、先ず危機感を感じてるのと、
 私個人の考えと親(特に継父)の考えの相違から、
今後、いくつかの記事を修正したり非公開にせざるをえないかもしれません。

それは、私にとって不本意な事ではあるのですが・・・。

とりあえず、今回はここまでで失礼します。
それでは。



共通テーマ:blog

独り言(宛先のないメッセージ) [独り言]

こんばんは。

先週は、7月7日(火)にセミナーに参加し、
その流れで、
7月10日(金)に就労支援施設を見学してきました。

1週間に2回、電車に乗って外出するのは久し振りでした。

結果、
体調を崩しております・・・・・。

セミナーへの参加は知人の誘いが切っ掛けでした。

セミナーに参加することも、就労支援施設を見学することも、
最終的に決めたのは自分の意思ですが、
ちょっと、自分を過信しすぎていました。

流れに乗って、というか、乗せられて、
16日には体験参加、
それまでには役所に行って受給者証の申請手続きをするように言われましたが、
体調を壊したこともあり、
土日、ズーッと考え、母とも話し合い、
今はまだ、就労支援施設を利用することは時期尚早という答えに至り、
月曜日(13日)の朝に「保留にして欲しい」旨、電話しました。

流れに乗ることは可能でした。

「転換期」というキーワードが、
占いには出ていました。

でも、人間は欲張りすぎても駄目だし、自分を過信しすぎても駄目です。

まずは己の現状を正しく知ることから始めなければ。

無理すれば、その歪みは必ずいつかどこかで出てきます。

*******

今、我が家の働き手は母だけです。

継父は先日、形成外科で手術をしましたので最低でも一ヶ月は安静にしなければいけません。
高齢(今年74歳)ですし、もう就労は困難でしょう。

それでも我が家がなんとかやって行けてるのは、年金収入 + 母のパート代があるからです。

一時は「バブルの申し子」と言われた私や
家賃収入で優雅な奥様だった母は、過去の話になってしまいました・・・・・。

*********

相変わらず纏まりのない文章でごめんなさい。

でも、
このblogに書いてあることは全て紛れもない私や我が家の事実です。

自分のプライベートをここまで曝け出している私ですが、
私にとっては、
「日々を告白すること」が「生きている証」です。

ちっぽけで、クズみたいな私ですが、
それでもなんとか生きています。

昔からの私を知ってる人なら、私がOD(睡眠薬を大量摂取して自殺)しようとしたこともご存知でしょう。

それでも私は死ねなかった・・・。

私であることを辞めなかった。

私の歩みは亀より遅いかもしれない。

別居中から精神神経科に通院し、通院歴はもう11年目になります。

甘えかもしれませんが、
「障害者」として生きていった方が自分の身を守れるかもしれません。

*********

今回はこのぐらいで。

また、更新します。



共通テーマ:日記・雑感
独り言 ブログトップ