So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年、私の生き方の指針 [名言・格言・人生訓]

こんにちは。えみまろです。

先日、
『2017年のあなたを現す格言』という心理テスト?のようなものをインターネットで見つけ、
試しにやってみました。

結果は、

『最初に謝る者は 最も勇気あるものである。
 最初に許す者は 最も強いものである。
 最初に忘れる者は 最も幸せである。』

となりました。

私はまだまだこの格言のように器の大きく寛容な人間ではないけれど、
2017年はすこしでもこの様な生き方が出来るように、
自分自身の考え方を改めたり、
しがらみや呪縛から解放されて、
豊かな心で穏やかや毎日をすごし、
強くしなやかに生きて幸せになりたいです。

謝ること・許すこと・忘れること、

長年の私の課題でした。

これが出来ないから、
メンタルの病気が完治しなかった所も大きいです。

インターネットで見つけた、占いと心理テストを融合したようなもので、
最初はお遊び感覚だったのですが、
見事に今の私を言い当ててるな、と感心しました。

2017年も、もう12日目。
お正月気分もそろそろ抜けてきた頃です。

日常の生活の中で、この格言を実行していけるように、
今年1年の生き方の指針として、
忘れないようにここに書き記しておきます。



共通テーマ:日記・雑感

派遣会社の登録会に行ってきました。 [社会参加のために]

2017年1月5日、午前中 派遣会社の登録会に行ってきました。

今まで長年社会参加出来ずにいたのに、
イキナリ派遣会社に登録?!と思われるかもしれませんが、
年が明けてからちょっとテンションが高くなっていて、
働きたい・収入を得たいという気持ちが強くなり先走ってしまいました。

 

登録会に行きましたが、
こちらの希望条件と先方が紹介できる仕事が一致せず、
登録しただけになりました。

面接担当者(コーディネーター)は、
「ご紹介出来るお仕事が見つかればご連絡します」と言っていましたが、
多分このままフェイドアウトになるでしょう。

パソナやスタッフサービスなどの大手ではなく、初めて名前を聞いた小さな派遣会社ですから・・・。

登録会は午前中1時間弱で終わったのですが、
それでも私は疲れ切ってしまい、
帰宅後は数時間寝てしまいました。

実母に言わせれば、
「まだ働ける状態ではない!基礎体力をつけ、夜ちゃんと寝て、生活のリズムを整えなさい」と言われてしまいました。

及川光博さんの言葉ではありませんが、
「行動は必ず何かしらの結果を生む」という風になればいいのですが、
無駄に動いて体力や時間やお金を使いたくはありません。

今日は、ちょっと疲れました。
癒やされたいな。

そして、
今後の自分の生き方、身の守り方について、
再度考えたいと思います。

ご来訪に感謝して
えみまろ 



共通テーマ:仕事

新年あけました! [ご挨拶]

謹賀新年

 今年もよろしくお願いいたします。

 

大晦日から元日にかけて出掛けていましたので、
ご挨拶が遅くなりまりました。(^_^;

また、最近はblogよりFacebookがメインになっています。

それでも、blogを閲覧してくださる人がいるのはとても有り難いです。

2016年は、例年以上に病院のお世話になりました。
初めてインフルエンザにもなりましたし。

年度末の確定申告・医療費控除のために、
早くも2016年の医療費の総計を計算してみたら、
国保3割負担で¥80,920 でした。(診断書代¥5400含む)
プラス病院までの交通費が¥6,460。

あぁ、医療費の無駄遣い。

これだけのお金があったら何できる?
何買える?

受診したのは、
定期的に通院している 皮膚科・精神神経科・消化器内科 以外に、
整形外科(ガングリオンのため受診)
内科(インフルエンザ)
婦人科(不正出血・子宮癌検診)
耳鼻科クリニック
総合病院の耳鼻科・呼吸器内科 
歯科医院(虫歯の治療)
です。

これに調剤薬局も。

私は慢性疾患で皮膚科・精神神経科・消化器内科に通院していますが、
2017年はそれ以外の医療費は抑えたいです。 

目標というか、そういうのは正直まだ曖昧なんですが、
少しでも前進して成長出来て、主体的に行動し、ポジティブになれたら。

ご縁や繋がりを大事にして、心穏やかに丁寧に生きていきたいです。 

不定期更新の拙いblogですが、これからもよろしくお願いします。

2017年新春
えみまろ



共通テーマ:日記・雑感

結婚出来ない男の特徴 [恋愛・結婚・離婚]

おはようございます。久し振りの記事更新です。

ちょっと、言いたいことがありまして。

タイトルにも書きましたが、婚活(私の場合再婚になりますが)してて、いい歳して未婚の男って、家事、それも特に料理にしか女の価値を見いだせない人が多いんですよね。

常套句的に「得意料理は?」って訊いてくる。

ハイハイ。

正直に申し上げまして、ワタクシ離婚して実家に出戻って、心身共に疲れ切り、療養生活を長年過ごしておりますが、お料理あまりしておりませんわ。

でもね、元々は専業主婦でしたの。
やれば出来る子なんですよ。

ちゃんと料理してましたよ。

タンドリーチキンやラタトゥイユ、赤ワイン煮、日本料理だって筑前煮や天ぷら、お魚だって3枚におろしておりましたわ。

まぁね、男ものにするなら胃袋をつかむのが手堅いのかもしれませんが、
常套句的に「得意料理は?」って訊くのはやめて戴きたいし、そういう男に限って、女を家事ロボットとしか見られず卑下するような、モラハラ男ですわ。

あと、長男も結婚できない人多いですね。
マザコンだからでしょう。

まぁ、ワタクシも、偉そうなこと言える立場ではございませんが・・・。

「何もしなくても、傍にいて、笑ってくれてたらそれだけでいい」なんて言ってくださる殿方、どこかに居りませんかぁ~。。。。。

あ、でもワタクシ、面食いですわ。

男を顔で選ぶ女も結婚(再婚)出来ないのかしら?

まぁ、いいわ。

結婚は、一度経験してますから。

再婚することによって、両親亡き後支えてくれるパートナーが出来るから、婚活してるんですけどね。

結婚は、決してバラ色ではないし、
法律の怖さも知ってますから。

人生なるようにしかならない。

一度結婚出来ただけでも大きな収穫。経験値アップですわ。

さて、今日はお出掛けしますの。

ワタクシの大好きな平井堅様の、レンタル限定CDが解禁日なので、開店に間に合うように行ってきます。

それではまた。

ご機嫌よう。


タグ:再婚 婚活

共通テーマ:恋愛・結婚

『人生にリセットボタンは無い』(ローラさんの言葉) [名言・格言・人生訓]

タレントのローラさんが、
『人生にリセットボタンは無い』とおっしゃっていました。

10134152.png

この、『人生にリセットボタンは無い』という言葉の解釈には、
色々意見が分かれると思います。

私は、
人生は何度でもやり直しが出来ると思っています。

それはローラさんも同じみたいで、
ローラさんは『スタートボタンを押し治すことは何度あってもいいんじゃないかな』という趣旨の事をおっしゃっていました。

リセットボタンとスタートボタン。

似て非なるもの。

リセットボタンって、私の解釈では「初期化」みたいなイメージがあったり、
ゲームを、
一からやり直す、みたいなイメージがあります。

人生は機械仕掛けでもゲームでも無いから、
人生に『リセット』という言葉はふさわしくない。

でも、
新しい『スタート』なら何度でも、何歳になっても始めることが出来る。

今のゲーム世代の若い子たちは、
何でもリセット出来ると思ってるんだよね。

でも、
人生、人の命は一度きり。
リセットは出来ません。

だから、大事に扱わなきゃいけない。

『人生にリセットボタンは無い』

この言葉の意味、よく考えて、
その上で、新しいスタートボタンは押して毎日を丁寧に、生きていきたいです。


タグ:名言 人生訓

共通テーマ:日記・雑感

2016年10月27日、ネキシウムカプセル20mg→10mgへ減薬 [消化器内科の通院記録]

おはようございます。
昨日(2016/10/27)は消化器内科の予約日でした。


9月の下旬にも消化器内科を受診しています。
今年の7月から続いていた咳や喉の痛みですが、
9月の時点でまた再発し完治しないので、
消化器内科の先生に、
同じ総合病院内の耳鼻咽喉科と呼吸器内科の院内紹介状を書いて戴き、受診・検査しました。

結果、耳鼻咽喉科と呼吸器内科では異常が見つからなかったので、
結局「逆流性食道炎が悪化しての咳や喉の痛み」ということで、
生活習慣(特に喫煙)を注意されてしまいました。

そう。

ワタクシ、
本数は少ないですが、喫煙者でございます。

この頃、日に日に肩身の狭い思いをしております。

**************

7月の受診では、
漢方薬の「六君子湯(りっくんしとう)」も処方されましたが、
私の身体にはこのお薬、長期服用すると便秘がひどくなり体重増加の副作用があるので、
9月の診察の際に処方を止めてもらいました。

そして、
アコファイド(機能性ディスペプシアのお薬)とネキシウムカプセル(プロトンポンプ阻害薬・PPI)20mgだけを処方してもらい一ヶ月様子をみましたが、長引いていた咳や喉の痛みが大分良くなってきたので、
今回(2016/10/27)の診察でネキシウムカプセルが20mgから10mgに減薬になりました。

逆流性食道炎は、
100%完全に完治する病気ではありません。

うまく病気とつきあいながら、
その時々で薬の種類や量も加減が必要です。

消化器内科の主治医は、
「ネキシウムカプセルを10mgに減薬した状態で悪化しなければ、
次回(約2ヶ月後)の受診の際には、一度ネキシウムカプセルの処方を止めてみましょう」とおっしゃいました。

*************

次回の受診は12月。
早いものでもう年末ですね。

気ぜわしい季節がやってきます。


体調管理には気をつけて、
イベントも多くなるこれからの季節を乗り越えたいと思います。



共通テーマ:健康

帰ってきました。 [ご挨拶]

こんにちは。お久しぶりです。

継父に言われるまま、
blogやFacebook・TwitterなどのSNSと距離を置くことにしましたが、
記事を非公開にしてからも、数は少ないですが閲覧数があったり、
読者登録の数が変わらなかったり、
アクセス解析を見てみると、検索結果にまだ私のブログ記事が反映されているみたいで、
検索してまで訪れてくださる人が居るので、
申し訳なくなって、
また「ここ」に帰ってきました。

ネット上で、私の「居場所」は「ここ」みたい。

「居場所」ってなんだろう?って考えていましたが、
先日、とある勉強会に参加したら、
「生活保障」だと教えて下さいました。

だから、
blogを再開するにあたり、
変わらずnice!やコメントは受け付けない設定にします。

過去記事は、全て削除せず非公開(下書きに保存)にしているだけなので、
また少しずつ読み直しながら、
訂正すべき所は訂正して順次 公開していき、
非公開にしたままの方がいい記事に関しては非公開にしたままにします。

ですが、
言えることは、
どの記事も「その時・その瞬間、私が感じた本音」ですので、
削除することはせず、
自分の中で大事に残しておきます。

相変わらずの私ですので、不定期更新になると思いますが、
「自分らしく」
でも、ちゃんと少しずつでも成長しながら、
ネチケットを守り、
blogを続けて行けたら。

こんな私ですが、
これからもよろしくお願いいたします。

2016年10月24日 えみまろ



共通テーマ:日記・雑感

『オープンダイアローグ』を勉強しています。 [ご挨拶]


オープンダイアローグとは何か

オープンダイアローグとは何か

  • 作者: 斎藤環
  • 出版社/メーカー: 医学書院
  • 発売日: 2015/06/22
  • メディア: 単行本

今、『オープンダイアローグ』の勉強をしています。

『オープンダイアローグ』とは、『開かれた対話』のことで、
出来るだけ薬物療法を用いず、
対話によって統合失調症など心の病気を治していこうとする手法・技法です。

 私はあくまでも気分障害(双極性障害Ⅱ型)と診断された当事者(患者)で、
残念ながら私が現在通院している病院では、
オープンダイアローグは行われていないし、
通院できる距離内で、
オープンダイアローグを行っている病院もまだ見つかっていません。

では、なんのために勉強しているのか?

勉強しながら投げ出しそうになったこともありますが、
自分で自分をかえたい、社会参加していきたい、という思いからです。

読書の域を超えた専門的な『勉強』なので、
疲れることもあります。

集中して勉強したいので、
blogなど全てのSNSと距離を置くことにしました。

今までこのblogと、
もう一つのマロンの事をメインに書いたblogを訪れてくださった読者様には、
本当に感謝しています。

ありがとうございました。

またいつか、
どこかでお逢いしましょう。

お元気で。

私は私なりに、
頑張りすぎずに生きていきます。

2016年9月24日

えみまろ



共通テーマ:日記・雑感

今までの記事を非公開設定にします。 [ご挨拶]

両親の強い反対があり、

blogやFacebook、TwitterなどSNSの利用をもう止めます。

強いていうならLINEだけ許されました。

疲れてるので、

多くを述べる気力もありませんが、

色々あった私のblog活動の中で、

blogがご縁で出来た「お友達」として、今でも交流があり、

マロンの命日を忘れずにいてくださった方は、

今では一人だけになってしまいました。

その方とは、

今後も、季節のお便りなどで仲良くして戴けたら有り難いです。

もう一つのblogの、

マロンの事を書いた記事だけ、

残しておきます。

最後まで不安定でわがままな私をどうかお許しください。

今後、

新規記事作成はありません。

今までのご縁に感謝します。

ありがとうございました。

2016年9月13日

 Last Message にて。



共通テーマ:日記・雑感

鬱の時の状態 [メンタル]

私は、

双極性障害Ⅱ型と診断されています。

いわゆる躁鬱病です。

今日は、

うつ状態です。

鬱の時は、

先ず朝の日射しからして恨めしくて、一日中部屋のカーテンを閉じたまま過ごします。

雨戸があればいいのですが、残念ながら今の家を建てるとき、

注文住宅ですが両親はお金の都合で私の部屋に雨戸をつけてくれませんでした。

やすっぺらい遮光カーテンがひかれているだけです。

次に、

音に敏感になります。

好きなアーティストの音楽なら許せるのですが、

テレビのトーク番組などは煩わしくて気が狂いそうになります。

掃除機のモーター音が耳障りです。

食事、

家族と一緒に食べません。

体温調節がうまく出来なくなります。

泣いてばかりいます。

しんどいです。

治らない。

治せない。

きっと、

永遠に 中途半端なまま病気を患い社会参加は出来ないでしょう。

疲れました。

ごめんなさい・・・・・。



共通テーマ:健康